摂食障害

スポンサードリンク

摂食障害とは

≪摂食障害とは≫
摂食障害とは神経性の食事に対する極端な行動です。原因は様々ありますが主に人間関係などの精神的な悩みやストレスに関するものと、自身の体格や体重に関するものなどがあります。

 

摂食障害と聞くと、食事することと原因が深く関わっているように思えますが、必ずしも食事自体が原因ではないこともあります。

 

摂食障害は大きくわけて、拒食症と過食症の2つのタイプがあります。

 

2つともそれぞれ症状は異なり相反するものがありますが、コインの裏・表のようにどちらの症状も行き来する可能性がある珍しい病気です。

 

拒食症になった人がある期間を置いて、治ったかと思えば過食症に、また過食症の人が何らかの理由で食べられなくなって拒食症になるケースもあります。

 

≪原因≫
○ダイエット
まずは、特に若い女性に多いダイエットが原因になってしまうことが多いです。ダイエットをしようと思って、極端な食事制限をして摂食障害になるのです。

 

ダイエットしようとすると多くの人はまず運動や食事制限をしようとします。

 

最初はおかずや主食を少なくすることだけであったのが「もっと痩せたい(痩せなければ)」という思いが強まるうちに極端な食事制限(行動)に発展してしまう可能性があります。

 

例えば1日1食になったり、1日のエネルギーになるものを何も摂らなかったりなど普通の食事方法や食事量とは明らかに異なった行動を取ってしまいます。

 

また女性心理には太ることへの恐怖(肥満恐怖)の思考観念も根強く残っています。

 

その原因となるのが雑誌やテレビなどの影響で、同性間や特に異性間で痩せ型の体型が良しとされている傾向があることです。そのため痩せ型を好む人や痩せ型になりたい人が多くなります。

 

ダイエットは本来その人の体質や性格に合わせた無理のない運動や食事制限を組み合わせて行う方法です。

 

ですが、ダイエットの結果ばかりに考えが集中してしまって、無意識のうちに食事制限することに追い込まれていってしまうのがダイエットから摂食障害になる人の特徴です。

 

精神的な悩みやストレス

 

人間は毎日何らかのストレスを受けて、生きています。適度なストレス(緊張)は合った方が良いとは言いますが、その心に抱えているストレスが生活に支障を来すようなものであってはなりません。

 

摂食障害になるストレスは、ストレスが起因している根本的な事態を解決するのではなく、摂食行動によってそのストレスを解消・解決するという思考にあります。

 

コミュニケーション不足や自己表現不足など個人の原因もありますが、ストレス自体は学校や会社などの社会的な原因に関するものも多くあり一概に原因が個人全てではないということが言えます。

 

⇒摂食障害チェック

スポンサードリンク

更新履歴